賃貸アパート・マンションを銀行から借り入れして建てる相続税対策

相続税対策の一つに賃貸アパート・マンションを銀行から借り入れして建てるがあります。
よく銀行から借り入れするだけで相続税対策になると思われている方が多いですが違います。
それは現金も銀行からの借り入れも相続税評価額においては同じと評価されるからです。
銀行から借り入れし、それを現金として持っていても相続税評価額が同じでは意味がないです。
この相続対策では銀行から借り入れし賃貸アパート・マンションを建てることで相続税評価額を低くして節税を狙う仕組みになっています。
自己資金の範囲で賃貸アパート・マンションを建ててしまっても意味がなくなります。
自己資金が少ない方は銀行から借り入れすることになりますが、利息が付くのでなるべく低金利の銀行から借り入れしたいところです。
さらに賃貸アパート・マンションを建ててから年数が経過すると相続税評価額も下がっていきます。
相続が必要になった時点でさらに相続税評価額が下がる可能性があります。
何かと有利な相続税対策ができる方法ですが注意点があります。
それは賃貸アパート・マンションを建てる土地を持っておらず、借地しようと考えている方です。
もし賃貸経営が上手くいかなくなった場合、建物が建っている間中は土地を借り続けないといけないからです。
建物を壊すにも大きな費用が必要です。
賃貸経営ではさらに空室リスクがあります。
入居者が退去して空室になると賃料という収入減が入らなくなってしまいます。
ほかの部屋でカバーできているうちはいいのですが、近くに新しくて賃料の安い賃貸アパート・マンションが建つと家賃の値下げを余儀なくされることがあります。
古くなって建物が傷んでくると修繕が必要になります。
賃料の収入が少なくなっても修繕費用がかさんでしまっても、銀行から借り入れした分の返済は毎月続けないといけないです。
賃貸アパート・マンションを銀行から借り入れして建てる相続税対策にはメリット・デメリットがありますので両方よく見て検討してから始めることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です