誰にでも関わりのある相続税について

相続というと、お金持ちの事を想像してしまいがちで自分には関係のない事だと考える人が多いです。また、関係があるのはわかっているけれど、よくわからないという方も多いです。相続というのは誰にでも起こりうる事で、そこには知っておいた方が良い事も沢山ありますし、場面によって様々な相続の形があります。一番基本的な相続対策として、まず財産を相続する場合に相続を受け入れるのかどうか、またどの様に受け入れるのか。を選択しなければいけません。被相続人の死亡による相続が発生した場合には、相続人に単純承認と限定承認の選択をしなければいけません。単純承認とは、相続を無条件で受け入れるという事で財産と共に負の財産の債務、借金なども同時に受け入れる事になります。対して限定承認は、負の財産を被相続人のプラスの財産の範囲内に限定して受け入れるというものになりますう。注意点としては、限定承認を受ける場合に相続があった事を知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述をしなければいけません。さらに限定承認に関しては申述を行う際に、相続人全員で行わなければいけないので、単独での判断はできません。3ヶ月以内に単純承認と限定承認を選ばなかった場合には、単純承認したものとして判断されるので期間に関しては注意が必要です。また、そもそも財産を受け入れないという選択肢もあります。それが、相続の放棄です。相続の放棄をすると、プラス、マイナスに関わらず財産そのものの相続を放棄する事が可能です。相続の放棄に関しては、個人での届けもできるので単独での判断が可能です。相続の放棄をする場合にも、相続の開始があった時点から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述しなければいけないので期間には注意が必要です。また、一度相続の放棄をしてしまうと、撤回する事は出来ないのでその点にも注意が必要です。相続対策を行なうには、正しい知識と選択肢の中から、自分での判断が不可欠になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です