色々な相続対策方法

相続には大きな税金がかかってきます、もちろん財産の額にもよりますが、例え少ない預貯金であっても相続は誰にでも発生する出来事です。被相続人が残してくれた財産を手元に残す為には相続税対策は非常に重要になってきます。相続税対策を大きく分けると3つの項目に分かれます。財産の移転と財産評価の引き下げ、納税資金の確保があります。財産の移転は生前贈与などを活用して、事前に資産の一部を相続人に贈与する事によって相続時の相続課税財産を少なくして、相続税を抑える方法です。この時に要件を満たしていれば、贈与税の配偶者控除などの特例措置を活用する事ができますし、贈与税の基礎控除も活用できます。次に財産評価の引き下げです。財産評価の引き下げは、財産の移転をしても残ってしまう財産の相続税評価額を引き下げて相続時の相続課税財産を少なくして、相続税を抑える方法です。借入金の債務控除を利用したり、不動産の購入、養子縁組による基礎控除枠の拡大などがあります。相続税には相続人の人数のよって基礎控除の額が変わってくるので養子縁組によって相続人を増やす事で、相続税対策になります。法改正が頻繁に行われるので、その都度確認が必要にはなってきます。養子縁組に関しても何人でも良い訳ではなく、実子のいる場合は1人まで、実子のいない場合には2人までが法廷相続人になれるという定めがあります。最後に納税資金の確保は、財産の移転や財産の引き下げを行った場合にも、まだ財産が残ってしまっていて、納税の避けられない時に相続人が相続税を問題なく支払える様に行う対策の事を言います。被相続人が本人を対象として、受け取り人を相続人として入る生命保険などが代表的な例で、納税の資金を確保する事ができます。他にも相続税対策には色々な方法がありますし、相続税対策をしないのとするのとでは相続税の課税金額に大きな差が出てきます。相続税対策を的確に行う事で被相続人の財産を少しでも有効に活用する事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です