相続対策は事前に準備を行って税金控除を狙う

相続は税金との隣り合わせとなっており、一定の金額を超えてしまえばその時点で相続税を支払わなければなりません。これがかなり面倒なポイントとなっており、多くの税金で相続するお金を持って行かれてしまう問題があります。それを解消するためには、相続対策をしていかなければなりません。特にどのような相続を考えているのかで大きく変わるので、事前に準備を行って税金を払わなくてもいい状態を作っておくといいです。
特に生前贈与という方法は有効であり、一括で受け取るよりも税金控除に向けた動きが行いやすいです。この方法を利用することにより、まず税金の支払いがかなり小さくなり、またちょっとずつ与えることによって、貰う側も利用する方法を検討しやすくなります。この場合は贈与税にも気を付けなければなりませんが、100万円程度の贈与を繰り返していれば問題なく税金控除の対象となり、問題なく相続を完了させることができます。
一方で生前贈与が出来ないものもあるので、贈与をするものについては考えていかなければなりません。例えば土地は手続きをしなければならないので、相続を簡単にすることができません。また相続したとしても、その固定資産税を支払うのは相続した人であり、結局税金の対象となってしまいます。これはよくないことですから、出来る限り相続できる物は現金や有価証券等に限定して、大きなものはそのまま相続という形で行った方がいいです。
近年は色々な方法で相続対策を行っており、生前贈与もその一環として行われています。与えすぎると今度は別の税金に引っ掛かってしまいますが、ちょっとずつ渡しておくくらいなら問題はありません。自分の今後を考えた時に、少しでも税金の支払いを免除出来ないか考えつつ、残っている資金を渡す方法はとても良い方法です。利用する場合はどれくらいまでなら認めてもらえるのか、そして受け取る側にもしっかり相談をしたうえで行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です