相続対策には生命保険が非常に有利だ

相続する際に現金がどれだけ残っているかは重要なポイントで、これによって大金が税金の対象となってしまうと全くいいことがありません。税金の支払いが多くなってしまうのは、残された家族にとってはあまりいいことではないのです。これを避けるために行う方法を考えなければなりませんが、その中でも行いやすいと言われているのが生命保険です。これは生命保険に加入することによって、相続税の対象から外し、その上で受け取れる金額を用意するというものです。
実は生命保険には、課税対象に入らない部分が作られています。一般的な保険だと対象外になることもあるのですが、生命保険に限っては500万円を上限として非課税対象となります。これは相続する人数分だけ枠が用意されているので、これを最大限に利用すればかなりの金額が控除されます。そのため生命保険をフル活用して、法定で認められている人数分だけ枠を用意すればいいのです。これで相続対策は万全となり、大金が残っていても税金の対象となりません。
注意しなければならない点として、生命保険で控除できるのは、法定で認められている相続人の数だけであるという部分です。相続する人数が少ない場合は、それだけ枠が埋まらないため控除できない部分も出てしまいます。また控除することが難しい場合、相続する人数を増やすという選択肢もありますが、それによって色々と面倒なことが起きたり、後から指摘されるケースもあります。少しでも穏便に進めるには、なるべく現在の状況で考えてください。
生命保険は非常に利用しやすいために、多くの人が相続対策として利用しています。家族に分配する視点で考えると、生命保険の控除枠は非常に大きなものがあり、メリットとして利用しやすい部分を持っています。ただその金額は限られているので、相当額の相続が考えられる場合には組み合わせることも必要になります。生前贈与と生命保険を組み合わせれば、かなりの金額を控除することも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です