生命保険でできる生前贈与

お金は生活を豊かにしてくれるもので、できれば多く欲しいと願うはずです。
しかしお金がきっかけに人間関係が気まずくなることも珍しくありません。
お金の貸し借りのように友人や知人との関係ですら金銭のトラブルは起こり得ます。
そのようなことが近親者の間で起こってしまうとまさに骨肉の争いとなってしまい、もはや人間関係を修復する余地すらない状態になります。
我が家にはさほど資産と呼べるものがないはずだから相続などよほどの資産家の悩むことだと思っているかもしれません。
しかし親の頃は持家信仰が強かったわけで、住んでいるところがそれなりの資産価値を持った土地だったりすることがよくあります。
それに加えて何らかの仕事をしてきていたようなら、今日の相続税のラインに簡単に引っかかってしまいます。
相続税を支払うのももったいないことですが、それに加えて残された親族の間で遺産分割をする子ので金銭の折り合いがなかなかつかずにトラブルに発展することがよくあります。
親とともに暮らした長男や長女が遺留分を主張する一方で、他の兄弟が均等に分割することを求めるなど、お互いの考えが平行線をたどることになりかねません。
亡くなった親としても残された子供たちが遺産を巡って争う光景はみたくなかったはずです。
そこで可能な限り生前贈与をしておくことで、相続対策を済ませておき、将来分割する遺産を減らしておきたいものです。
生前贈与の手法として生命保険を取り入れることはとても有効です。
というのも保険金の受取人を指定できるという大きなメリットがあります。
また長男や長女のように遺留分を与えたい場合には受け取れる保険金を多めに設定しておくことで生前に差をつけておくことができます。
誰にいくら配るかを生前に本人の意思で決められるので後々に相続でのトラブルが起こりにくくすることができます。
また仮に生命保険の契約をしてからそれほどの期間が経過していない間に万が一亡くなってしまうようなことになるかもしれません。
そのような場合でも定められた保険金が出る仕組みになっています。
また相続税の対策が不十分な状態で亡くなるようなことがあっても、資産を残した状態なので、相続税の支払いも無理なくできるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です