不動産を相続対策に利用する際の注意点

相続対策には不動産がよく用いられていますが、不動産を利用する際は注意しなければいけない点が数多くあります。特に不動産自体の価値というのは、相続税の対象となっている点に気を付けてください。相続させるためには色々な視点で考えることになり、特にそのまま渡しても大丈夫なのかを考えることになります。実は不動産をそのまま贈与した場合、控除できる金額が全くないために相続税の対象となるケースが多く、大金の支払いが必要となります。
そのため利用する場合は、賃貸物件を購入することが望ましいです。賃貸を購入すると、収益が出るようになり、相続税が発生した場合も支払いができるようになります。またこの方法なら2500万円までは控除されることとなるため、これよりも高い状態にならないと相続税の発生が起こりません。ある程度安い賃貸物件ならこの金額でも購入できますので、収益物件として利用する分には有効な方法です。なお2500万円を超えた時点で2割の税金を支払うこととなります。
これを賃貸以外の不動産で行ってしまうと、賃貸の収益を得ることが出来ないだけでなく、控除できる金額が足りなくなって支払いが増加します。もし賃貸以外の不動産にするなら、住宅の購入資金援助が望ましいです。これなら同じように控除することが可能となり、相続対策として利用することができます。簡単に控除できる方法ではあるのですが、不動産の購入する目的や方法を間違えてしまうと、それだけで支払いが増加する問題を抱えています。
なるべくこうした問題が起こらないようにするためにも、まずは不動産という部分で相続対策が出来るのかを考えてください。そして出来るということが分かったのであれば、どの物件の資金に使うかという話になります。賃貸物件を渡して今後のために生かせるようにするか、それとも住宅の購入資金援助という目的で控除させるように使うのかを選び、大きな控除額を得ることが必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です